池袋のクリニックで処方を受けているザガーロの実感度

一般的に20代〜50代くらいで発症するとのこと

一般的に20代〜50代くらいで発症するとのことですから、自分の年齢で薄毛になっても不思議はないそうです。
問診とアドバイスが終わったあとは、具体的な治療法の説明を受けました。
当初は食事療法や育毛シャンプー、育毛剤の使用などの方法を連想していましたが、もっとシンプルな治療法でした。
ザガーロという治療薬を服用する方法で、1日に1錠これを飲むのです。
飲む時間帯は食前でも食後でもよいそうですが、毎日決まった時間に飲んだほうがいいと言われました。
ザガーロなどのAGA治療薬は毎日服用するので、慣れてくると飲み忘れが増えてきたり、面倒になって飲まなくなったりする人がいるようです。
ひとたび髪が増えれば、AGAが治ったと考える人は大勢いるのでしょう。
しかしザガーロはAGAを完治させる薬ではなく、治療が目的とのことです。
つまりは服用している期間中は髪が増えますが、服用を中止すると少しずつ薄毛に戻っていくわけです。
そのため医師からはボリュームが復活したら、その後の対策を考えましょうとアドバイスをもらいました。
ザガーロは即効性がなく、最低でも6か月の継続服用が推奨されています。
自身の場合は4か月目くらいから、抜け毛の減少、髪質の変化などを実感できました。

自分が薄毛に悩むようになったのは2年前からです一般的に20代〜50代くらいで発症するとのことザガーロに関してはしばらく服用を続けたほうがいい